トップページ サイトマップ お買い物ガイド 発送までの納期 お問合わせフォーム 特定商取引法表示
  
印鑑と印刷のお店 芳文堂 店舗情報紹介

店舗紹介      印鑑作家紹介      原 肇 作品集      芳文堂スタッフ紹介
  
店舗紹介
店舗写真 創業60余年・・・一級技能印鑑彫刻士のお店
  
店名 有限会社 芳文堂
(ほうぶんどう)
代表者 原  肇(はら はじめ)
所在地 〒661-0025
兵庫県尼崎市立花町4-16-1
(JR立花駅北側 線路沿い西へ1分)
TEL 06−6438−2987
FAX 06−6438−1648
E−mail mail@hobundo.jp
URL http://www.hobundo.jp/
店舗営業時間:10:00〜19:00(月〜金曜) / 10:00〜17:00(土曜) / 定休日:日曜、祝日
「印鑑と印刷のお店 芳文堂」までの地図

もっと詳しい地図を見る

店内風景

いらっしゃいませ!店内はこんな感じです。
●芳文堂では誠に恐れ入りますがお客様専用の駐車場を設けておりません。
●店頭ではクレジットカードのお支払いが可能でございます。
  
  
印鑑作家紹介
  
名前 原  肇(はら  はじめ) 原  肇
原  聲山(はら  せいざん)
資格 国家認定一級印章彫刻士
日本高書会師範(聲山書院)
  
芳文堂の印鑑はわたくし「原  肇」が一本一本こころを込めて手彫りで仕上げております。
  
原  肇  の作品集はこちらです
  
  
印鑑彫刻作業風景
- 手彫り仕上げ印鑑と吉相開運鑑定 -
「印」は5500年も昔から存在が確認されています。その古き昔から受け継がれた「印」すなわち「印鑑」にはどのような意味があるのでしょうか?印鑑とは・・・自分を守り家族を守る為に自分の証しとして明治時代の印鑑条例により、実印として各個人が持つように義務づけられる様になりました。すなわち、手で「印」を彫るという事は、一本一本に必ずその違いがあり、千差万別である(自分の証しである)という事なのです。ですから、確かな品質の材質と一本一本違った個性を持つ「手彫り印鑑」「手仕上げ印鑑」こそ実印、銀行印として意味があると私は思うのです。又、古いが故に「印」には歴史があります。歴史があればおのずと統計学的にそこにひとつの学問が生じます。「印」には印相という独自の学問が生まれました。当方では先代の故「原 勇喜豊」が印相を学び、それを受け継いだ私(原 聲山)が印相学的に鑑定して独特の製法で「印」を手彫り仕上げで作っております。それは「印」を持つ人の幸と、一家の繁栄を祈願し、生涯平穏無事、家内安全を入魂した「印」を作ります。その方だけに合う印の鑑定印です。  (原 聲山)
  
  
芳文堂 スタッフ紹介

奥さん
原 節子(奥さん)
  

まゆさん
麻由さん
  

ゆみこさん
塚田さん
  

よしこさん
川端さん
  


赤尾さん

  

まりさん
苅田さん

  

じゅんこさん
高野さん

  

原 巧
原 巧
  

実店舗と印鑑作家のご紹介

印鑑選びのアドバイス
 
個人印メニュー
法人印メニュー
印鑑関連用品
ゴム印・浸透印
表札
 
■ ご注文は年中無休24時間、当ホームページより承っております ■
(営業時間外のご注文やお問い合わせのお返事は翌営業日より順次対応をさせていただきます)

芳文堂 所在地:〒661-0025 兵庫県尼崎市立花町4丁目16-1
電話:06-6438-2987、FAX:06-6438-1648、E-mail:
mail@hobundo.jp 
営業時間:10時〜19時(月〜金) / 10時〜17時(土) / 定休日:日・祝日 
前頁へ戻る   トップページ